【断酒・減酒】メリット絶大! 断酒・減酒を絶対オススメする理由

皆さんはお酒は好きですか?

私は「超」がつくほどお酒が好きです。

今までは何も考えずお酒を飲みたいだけ飲んでいたんですが、こどもが生まれてからは少しでも健康に長生きしたいと思うようになりました。

去年からお酒の飲む量や頻度を少なくしたんです。

こどもの力は絶大です!

「断酒」とまではいきませんが、「減酒」したことによるメリットを書きたいと思います。

目次

①今までの飲酒ライフを振り返る

ビールと日本酒が大好きで毎日・毎晩飲んでいました。

「休肝日?なにそれ??」と言わんばかりにお酒を飲んでいました。

全盛期は毎日ビール350ml×3本からの日本酒4合瓶×1本。

休日は朝ビールが楽しみでした。

飲み会は多いときで週1回は行ってました。もちろん1次会で終わるわけもなく2次会、3次会と。

今考えると明らかに飲みすぎです。

毎日そんな飲み方をしているので、翌朝はもちろん二日酔い。目覚め最悪。

二日酔いだし朝の段階では「今日は飲まないぞ!」って思っていても、夕方くらいには体調も戻り「今日も飲めるんじゃね?」と夜も昨日同様に飲む。

その繰り返し。

あの日々を今も続けていたら40代、早ければ30代で生活習慣病になっていたと言い切れます。

②減酒による経済的メリット


減酒できたことでお酒自体に対する出費はもちろん少なくなります。

減酒するということは、つまみを買う量や頻度も少なくなります。この点でも節約につながりますね。

減酒前と後で1か月あたりどのくらいの節約になったのかざっくりと計算してみました。

※妻もお酒好きなので計算は「ぴよ家(夫婦2人)」の金額です

減酒前(2年前)減酒後(現在)
ビール(発泡酒)(350ml缶)1日2本×30日=60本(1人当たり)
2人で120本/月 約14000円/月
(350ml缶)週に多くても3本(1人当たり)
2人で24本/月 約4000円/月
日本酒(一升瓶)4本/月(2人で)
1本約3500円×4=14000円/月
(一升瓶)1本/月(2人で)
1本約3500円×1=3500円/月
飲み会代2人合わせて月に4回程度
1回の飲み会で約7000円とすると
7000円×4回=28000円/月
夫婦どちらかが月に1回行くかどうかの程度
1回の飲み会で約7000円とすると
7000円×1回=7000円/月
合計56000円/月14500円/月

1か月で41500円の節約効果!

年間だと49万8000円の節約。。。 10年間だと498万。。。。。

こんなに節約になっていたんですね。自分が一番驚いてるかも。

家族で旅行に行けますね。家族での外食の回数も増やせますね。

飲酒に付随する「つまみ代」も節約になっているはずなので、実際には節約効果はもっとあると思われます。

③減酒による身体的メリット

減酒したことで体調に変化がありました。いくつか紹介します。

3-1 睡眠の質が良くなり朝の目覚めスッキリ!

お酒を飲むと眠りやすくはなりますが、実は眠り自体は浅い状態が続きます。
実はお酒を飲みすぎた翌朝の倦怠感はそれが原因。

なのでお酒を全く飲まない日は翌日の目覚めがスッキリ。脳がクリアな状態なのが実感できます。

昔は「お酒を飲まないと眠れない!」と思ってましたが、実際減酒してみたら全然そんなことありませんでした。

3-2 腸内環境改善により快便・快腸!

汚い話ですが、毎日飲酒しているときは軟便・下痢が当たり前でした。
休肝日を数日続けると、何年振りかに立派な有形便が! 結構感動したのを覚えています。

3-3 動悸・焦燥感の改善→メンタルの安定!

朝、お酒が残っている状態だと動悸からくる焦燥感やイライラがありました。
朝からそんな状態だとプライベートや仕事にも悪い影響しかありませんよね。

もし、動悸や不整脈のような症状を感じているとして、飲酒を毎日しているのであれば断酒・減酒をおすすめします。

それによって改善する可能性は大いにあるので是非お試しください。私がそうでした。

3-4 将来の生活習慣病のリスク低減

若いときに暴飲暴食を繰り返し散財して、それが原因で生活習慣病となり通院・投薬で散財。。。

愚の骨頂ですよね!?

そんな未来を想像したとき、ぞっとしました。

私は大幅な減酒が出来ましたので生活習慣病のリスク低減につながっていると考えます。

3-5 夜の時間を有効に使える!

毎日お酒を飲みながらダラダラ時間を使っていましたが、減酒することで夜の時間の過ごし方が変わりました。

一番良かったのはこどもと沢山遊ぶようになったこと。

絵本を読んだり、ボール遊びをしたり、部屋をこどもと一緒に走り回ったり。
お酒飲んだら走り回れませんからね。

他にも調べ物をしたり、読書したり、家事をする時間に充てたりしています。

④禁酒・減酒を成功させるアイテムはコレだ!

色々なメリットを話してきましたが、皆さんこう思っていませんか?

「きれいごとばっかり言ってんじゃねぇよ!簡単に酒やめられたら苦労しねぇんだよ(怒)」って。

大丈夫です。安心してください。

減酒に成功した私が実際に使用したアイテムを数品紹介します。

どれも禁酒・減酒したいあなたの助けになってくれること間違いなしです

4-1 ブローリープレミアムラガー(ローアルコール飲料)

これは是非飲んでみてください!是非!!我が家のヘビロテアイテムです。

本当にオススメです。感動しますよ。飲酒人生が変わります。

オーストラリア産でアルコール分0.9%のローアルコール飲料です。

日本では1%未満はノンアルコールの扱いになります。この記事での分類は「ローアルコール」にしておきます。

ノンアルコールビールはどうしても人工的な味や香りを感じてしまいますよね?(まぁそれでも美味しいんですけど…)

でもブローリーにはそれがないっ!

なぜなら「香料や人工甘味料が使われていないから」です。

ビールの自然な香りや苦みがそのままです。

私が初めてブローリーを飲んだ時は「何コレ!うんまっっ!!」って叫びました。(本当です)

今では毎日のように飲んでいます。だって本当に美味しいんだもの。

近所には売っている店が見当たらないので、私はいつも96本セット(24缶×4箱)をネットで購入しています。

店によっては1本100円以下で買えるところもありますよ。ネットだと思いものを運ぶ労力も割くことができますし助かっています。

もう一度言いますがブローリーを飲んだことない人は騙されたと思って1回飲んでみてください。人生変わります。

4-2 アサヒドライゼロ(ノンアルコール飲料)

ノンアルコール飲料の王様といえばコレ!

ノンアルコール飲料の中では一番美味しいです。味もビールに近いですし、のど越しも良いです。

もともと私はアサヒドライのスカッとした爽快感が好きなので、そこを再現できているこの商品を必ず冷蔵庫にストックしています。

  • アルコール【ゼロ】
  • カロリー【ゼロ】
  • 糖質【ゼロ】

夢の三拍子が揃っているのが最高に魅力的ですよね。

ふるさと納税の返礼品にしている自治体があるので、私は返礼品でゲットしています。

4-3 ヴェリタスブロイ(ノンアルコール飲料)

我が家でのメインはブローリーですが、たまに違うものを飲みたくなったらヴェリタスブロイを飲んでいます。

ビールの本場であるドイツでつくられたノンアルコール飲料。

ビールをつくり、そこからアルコールを抜いています。 日本では不可能な製造方法なんです。

そのためノンアルコールでもビールの味わいをしっかり感じさせてくれますよ。

近所の酒屋さんでは全く見かけないため、ネットで購入するか、近所のカルディで購入しています。

1本100円前後で購入できます。

⑤まとめ

断酒・減酒のメリットを話してきましたが、

私は減酒はしても、断酒することはおそらく無いと思います。

断酒そのものがストレスとなっては意味がないと思っているので、飲みたいときは我慢せずに飲むようにしているからです。

お酒の良い面・悪い面。 両方を把握したうえで楽しみ、コントロールできている今の状態が最強だと自負しています。

健康に長生きできるように。

少しでも大事な人と一緒にいられるように。

これからもお酒とうまく距離をおきながら付き合っていこうと思っています。

この記事が皆さんのお酒に対して考える一つのきっかけになれたら嬉しく思います。

\今回紹介した商品/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

この記事を書いた人

楽天経済圏で生活し資産形成に勤しむ30代半ばのサラリーマン。
管理薬剤師をしています。
妻・子ども2人の4人家族。
子育てや資産形成の記録をしていきます。
楽天・Amazon・セブンイレブン・日本酒が好き。

Twitterやってます。良ければフォローしてください♪

目次
閉じる