【安心・お得】オーソライズド・ジェネリック(AG)の魅力とは【安いと不安?】

突然ですが【ジェネリック医薬品】って聞いたことありますか?

定期通院や風邪をひいたときなど、薬が処方されると思います。

薬をもらうために調剤薬局に行ったときに「ジェネリック医薬品は希望されますか?」と聞かれたことがあるはずです。

でもジェネリック医薬品=安い粗悪品ってイメージを持っている人も少なくないはず。

「毎日飲む薬なら安いほうがいい。でも安い薬って何か不安。」

こう思っていませんか?

一般的なジェネリック医薬品のほかにも「オーソライズド・ジェネリック(AG)」というのもあります。

一般的なジェネリック医薬品に抵抗のある人にAGは是非おすすめしたいジェネリックなんです!!

今回はジェネリック医薬品やオーソライズド・ジェネリック(AG)について解説します。

日々のお薬代を少しでも安く節約しましょう。

目次

①ジェネリック医薬品とは

まず一般的なジェネリック医薬品について説明します。

もともと、世に出回っている薬(先発品)は開発した会社が特許を取っています。

しかしその特許の期間は限られており、特許期間が終わる時は必ず訪れます。

特許が切れた医薬品を他の会社が製造・販売するものをジェネリック医薬品というのです。

逆をいうと「特許期間が終わっていない発売されたばかりの薬にはジェネリック医薬品は存在しない」ということになります。

またジェネリック医薬品は、すでに有効性・安全性が認められている先発品の成分を使用し開発されます。

そのため先発品と比べ開発期間が短く済み、コストが抑えられるため安価に提供できるんです。

ただし、一般的なジェネリックは先発品とは添加物や製造方法は異なります。

「全部先発品のマネしてつくったらいいのに!なんで??」

って思いますよね?

先ほど特許について少し話しましたが、特許にも種類があるんです。

薬の有効成分の特許のほかにも製造特許、製法特許があるためこれらの特許が切れないと作り方を真似することはできないのです。

料理で言うと「材料は分かっているけど詳しいレシピは分からない」という感じですね

ジェネリック医薬品の要約

・発売されたばかりの薬にはジェネリックが存在しない

・先発品と同等の薬効、作用を持つことが証明されている

・先発品よりも安い

・原薬、添加物、製造方法は先発品と違う場合がある

②オーソライズド・ジェネリック(AG)とは

それでは、次はオーソライズド・ジェネリック(AG)の説明です。

AGは「許諾を受けたジェネリック医薬品」という意味です。

先発品を製造・販売している会社から許可を得て、原薬も添加物も製造方法も全て同じく作られたジェネリック医薬品なんです。

つまりはAG=ジェネリックなのに先発品と何から何まで同じ薬ということです。

しかもAGは一般的なジェネリックと同様に安価です。

先発品と同じなのに安いって最高ですよね?

最初に話したように、ジェネリック医薬品に抵抗のある人にもAGがオススメできる理由がこれなんです。

ただしAGが存在しない薬もあります。

というか、今のところAGが存在しない薬のほうが多いです。

病院で処方してもらった薬にAGやジェネリックがあるかどうかは遠慮なく薬剤師に聞いてください。

AGの要約

・一般的なジェネリックとは違い、原薬、添加物、製造方法などが先発品と同じ

・AGが存在しない薬もある

・先発品よりも安い

③処方された薬をジェネリックに変更するには

ジェネリックにしたいけど、どうしたらいいか分からない人もいるかと思います。

安心してください。

調剤薬局の受付で「ジェネリック医薬品を希望します」と伝えるだけです。

薬局側から聞いてくれることがほとんどですけどね。

薬局にジェネリックの在庫があればそれで調剤してくれますし、在庫がなくても取り寄せしてくれる薬局もあります(取り寄せには数時間はかかるため再来局が必要になることがあります)。

取り寄せしてくれた場合は、可能であれば次回以降もその薬局を利用してあげてください。

薬を取り寄せしても1度きりの使用だけだと不動在庫になってしまいます。

他の患者さんに使用する機会がない薬だった場合、使用期限が切れると廃棄するしかないのです。

たまに「ジェネリック使いたいけど、先生に聞いてないからまた今度にするわ」という人がいます。

しかし、ジェネリック医薬品の使用は医師の指示がなくても患者と薬局とのやり取りだけで問題ありません。

医師側がどうしてもジェネリックを使ってほしくない、という場合は処方箋にその旨を記載することになっています。

つまり処方箋にジェネリックに関するコメントが記載されていなければジェネリック使用は問題ないのです。

④まとめ

色々説明してきましたが、まとめると以下の通りです。

・ジェネリックは先発品よりも安く、医療費を節約できる。

・ジェネリックには先発品とは添加物や製造方法が異なるものがあるため、気になる人は薬剤師に相談を。

・オーソライズド・ジェネリック(AG)は薬自体は先発品と何から何まで同じ。(薬の名前、製造・販売会社は違います)

・ジェネリックを使用したいときは、基本的に「ジェネリック医薬品を希望します」と薬局で伝えるだけ。

・先発品と同じなのに安いならAGに変更しなきゃ損!!

薬は命に関係するデリケートな問題でもあります。

一番大事なのは自分自身が納得して薬を飲むこと。

その判断基準の1つとして、今回の記事が役立てば嬉しく思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

この記事を書いた人

楽天経済圏で生活し資産形成に勤しむ30代半ばのサラリーマン。
管理薬剤師をしています。
妻・子ども2人の4人家族。
子育てや資産形成の記録をしていきます。
楽天・Amazon・セブンイレブン・日本酒が好き。

Twitterやってます。良ければフォローしてください♪

目次
閉じる