【現役薬剤師が伝える】転職するか迷っているあなたに話しておきたいこと

現在、私は調剤薬局に勤務しています。今年で5年目になりました。

小さな不満はありますが、同僚にも恵まれ薬剤師として日々働くことができています。

今の職場に勤務する前は、病院薬剤師として勤務していたんです。そこでは5年勤務しました。

自分で言うのもなんですが、よく5年も働き続けられたな~と思うような過酷な職場でした。

当直勤務は月4~5回。しかも夕方から出勤ではなく、日勤終わりにそのまま当直業務に突入するスタイルです。

朝になり自宅に帰ると午前10時。当直時間帯が忙しい場合は夜に眠ることが出来ないので、帰宅後はせっかくの休みを丸々睡眠に費やすことも多かったです。

有休取得も満足にできずに、たまった有休は消滅していくだけ。

そんな生活を5年も続けていたら思考停止人間となり、その生活が当たり前と思うようになっていました。

そのとき付き合っていた彼女(現在の嫁)に

「あなたの職場、、、やっぱりおかしいよ。」

と言われたときに、ようやく「やっぱりそうなのかな。。。」と思考が働き始めました。

今では本当に転職して良かったと思っています。(嫁に感謝!嫁大好き!!)

転職して最初の頃は「毎週日曜日が休み」というだけでも幸せに感じたものです。

今回は、現役薬剤師の私が

  • 転職しようか迷っている
  • 転職する時の流れってどんな感じ?
  • 転職するときに気を付けることは?

と悩んでいるあなたに、私の実体験を交えながら転職について話したいと思います。

目次

①転職したい一番の理由は何かを考える

まずはコレです。ここがブレると考えがまとまらず話が進みません。

今の職場でアナタが不満に思っていることを紙に書き出してみるといいでしょう。

・休みが全然取れない
・給料が低い
・人間関係が最悪
・仕事内容が自分に合っていなくストレスだ

いろいろ不満が出てくるはずです。不満がなければ転職なんて考えませんからね。

ここで書き出した不満の数々から、あなたが転職したいと思う一番の理由を決めましょう。

なぜなら

転職したいと思う一番の理由=転職先に求める一番優先すべき条件

だからです。

「いやいや、そんなの当たり前じゃん」って思うかもしれませんが、意外とブレるんですよ。

私も転職活動を始めた時は、

「休みも欲しいし給料も高いほうがいいなぁ。病院薬剤師として働ける職場が家から近い場所にないかなぁ~」と思って探していました。

あったらいいですけど、現実的にそんな職場ありません。

色んな欲がでてきて1番肝になる条件を見失っては転職活動も進みませんし、後悔することにもなりかねません。

必ず1本のブレない芯を持ちましょう。

②アドバイスが欲しいときは同じ職場以外の人からアドバイスをもらう

あなたの悩みや不満が、客観的に見てどうなのかアドバイスを求めるのも良いと思います。

そこで大事なのがアドバイスをもらう人は「同じ職場の人は避ける」という点です。

同じ職場の人に転職相談をすると十中八九転職を止められます。

同じ部署の人ならなおさらです。

だって、あなたが辞めれば一時的かもしれないですけどその人は忙しくなってしまうんですから。

色んな理由をつけてあなたを引きとめるはずです。そこには価値のあるアドバイスは存在しません。

ですから、アドバイスが欲しいのであれば同じ職場以外の人をおすすめします。

・大学時代の同期
・家族

・転職サイトのエージェント
・職業の違う友達

などがいいでしょう。

ただしアドバイスはあくまでアドバイスです。

他人のアドバイスは参考程度にし、そのアドバイスすべてを受け入れ服従するという状態は避けましょう。

③転職サイトを活用する

いちから自分で転職先を探すのはとても大変です。

転職は気力も体力も消費するイベントなので、薬剤師転職サイトを利用することをおすすめします。

ここではいくつかおすすめの転職サイトを紹介します。

ファルマスタッフ

わたしが一番オススメするのが【ファルマスタッフ】です。

その理由は何といっても求人件数が業界最大数だから。

転職先の候補はたくさんあったほうが良いに決まってますからね。

「たくさん選択肢があったら逆に悩んでしまいそう」と思う人もいるはず。

そこは専門スタッフに任せればいいのです。たくさんの求人案件から、あなたの条件に合う転職先を紹介してくれます。

薬剤師の転職成功率は90%超の実績だそうです。これはすごいですね。

しかも、ファルマスタッフは薬剤師なら誰しもが知っている大手調剤チェーンである「日本調剤グループ」が運営している転職サイト。

これも安心してオススメできる点の1つです。

今すぐ転職を考えている人だけではなく、どうしようか考え中の方にも対応してくれるのも嬉しいですね。

客観的なアドバイスをもらうだけでもいいので、自分の現状や思いをファルマスタッフの専門員に話してみてはどうでしょうか。

薬キャリ

【薬キャリ】も3万件以上の求人情報数をもっている薬剤師転職サイトです。

派遣登録も可能で、業種・勤務形態問わずに就職先を紹介してくれます。

マイナビ薬剤師

【マイナビ薬剤師】は日本の大手人材広告企業であるマイナビが運営している薬剤師専門の就職・転職サイトです。

マイナビ薬剤師は 5万件以上の求人を保有しています。

人材関連サービスを40年以上にわたる提供実績があるマイナビならではの安心感もありますね。

薬剤師求人.com

【薬剤師求人.com】は上記3つとは異なり、「転職サイトのまとめサイト」という認識で良いです。

全国の求人件数82,955件(2019年6月 時点)を保有しています。

転職アドバイザーをチェンジすることができます。

大事な転職活動ですから、自分と話しや性格があうアドバイザーに任せたいですよね。

④「外野は黙ってろ!!」の気持ちが大事

色んなアドバイスや就職候補先をみてきて、いざ「転職しよう!」と気持ちを決めたとします。

そうすると必ずと言っていいほど、あなたの決意をへし折ろうとする輩が現れます。

・「大丈夫~?本当にいいの~?」と言ってくる同僚
・「就職したらまずは3年は働かないと」と言ってくる親

そういう輩にはこう言ってあげましょう。

「うるせぇ!外野はだまってろ!これは俺(私)の人生なんだから自分で決めるんじゃい!」と。

一番大切なのは【あなたの意志で決めること】です。あなたが納得できるかどうかです。

私は初めての就職の時に、親から3年は働くように言われました。

その時は素直にその言葉を聞き入れましたが、3年って何ですか?何を基準にした数字ですかね。

自分に合っていない職場で3年も働いたら、立派な思考停止人間の出来上がりです。

皆さんは勤務年数にとらわれることなく、自分の納得のいく職場や働きかたを探してくださいね。

絶対に忘れないでほしいことは

決して【転職=逃げ・負け】ではないということです。

これだけは忘れないでください。

⑤さいごに

私は転職活動で休みをしっかりとれる職場に転職することに成功しました。

からだも楽になり仕事もしっかりこなせるようになりました。

会社からも評価され、前の職場では年収450万でしたが現在の職場では年収650万です。

30代前半にしては薬剤師として稼いでいるほうだと思いますし、仕事もプライベートも充実しています。

転職しようかどうか悩んでいる人は、一度転職サイトのアドバイザーに話を聞いてもらいましょう。

  • 転職したいと思う一番の理由をハッキリさせる
  • アドバイスは同じ職場以外のひとに求める
  • 転職サイトを活用する
  • 決して【転職=逃げ・負け・恥ずかしいこと】ではない

人間関係によるストレスや激務で疲弊して、何も考えられなくなってしまう前に行動しましょう。

自分の気持ちに素直になって一歩踏み出してはどうでしょうか。

薬剤師として頑張っているあなたに、この記事が価値のあるものとなれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

この記事を書いた人

楽天経済圏で生活し資産形成に勤しむ30代半ばのサラリーマン。
管理薬剤師をしています。
妻・子ども2人の4人家族。
子育てや資産形成の記録をしていきます。
楽天・Amazon・セブンイレブン・日本酒が好き。

Twitterやってます。良ければフォローしてください♪

目次
閉じる